#stayhome なので、過去の写真を現像しなおしてみる。

おはようからおやすみまで、SHABA(@sanaginagisa555)です。
今回の記事は、去年撮影して現像した写真を、今の自分が現像してみるとどうなるのかを比較していこうという内容です。
去年の後半から現像のテイストをガラッと変えたので、同じ写真でも違った印象になると思います。なるといいな。
現像の設定であったり、現像する際の考えも書いていこうと思うので、是非とも最後までお付き合いください。

現像比較1枚目

「teal & orange」にはまっていた頃。
この時に使っていたプリセットはnoteにて絶賛発売中なので気になる方はご購入ください。(ダイレクトマーケティング)

今では、結構青がクドイなという印象。

 

最近はこういうようなダークめな現像にしがちです。色の要素を減らして、明暗差で被写体を浮き上がらせるような現像が好み。

色関係の設定はこんな感じ。青の彩度はおさえつつも、ハイライトとシャドウに青を混ぜてます。トーン的にクールなのを目指したからですね。

現像2枚目

これまた「teal & orange」にはまっていた時の名残。
駅のホームのまっすぐ具合と、朱色、光の入り方が好きな一枚。

 

青色の色乗りが気にいらなかったので、「アクア」と「ブルー」の彩度を落としまくりました。


あとは、真ん中のハイライト部分を強調したかったので補正ブラシで選択して、ハイライトの数字をあげています。
これに関しては以前の現像のが良かったのかなぁ。難しい。

現像比較3枚目

今思えば彩度が高めの時期。そんでもって、青の色みをシアン系に寄せすぎている様相。緑も死んでるなぁって我ながら思う。

ナチュラル系に寄せてみた。空の色も濃すぎたのでおさえて、緑も色相を変えて、映える新緑に寄せてみた。全体的にフラットにはなったものの、目には優しいだろう。

色関係に関しては触りすぎ。多分関係のない色も触ってるけれど、参考程度に。

さいごに

なかなか外出ができないので、「stay home」を守りつつできることで、現像の再現像をしてみました。
写真を見返してみると、この時もうちょっとこう撮れば良かったのになぁ、とか、この現像違うんだよなぁ、とか、いろんな気づきが生まれると思います。
何の気兼ねもなく外出できる日のために、備えようと思います。