#PR”FLEXISPOT E7”ファーストインプレッションと組み立て

おはようからおやすみまで、SHABA(@__shaba___)です。
今回は、FLEXISPOT様から”E7″という電動昇降スタンディングデスクを提供していただいたので組み立ててみて思ったことと、簡単なファーストインプレッションについて書いていきたいと思います。

今回の記事はFLEXISPOT様から商品提供をいただいての記事になります。FLEXISPOT様の詳しい情報については、下記リンクよりご参照ください。

FLEXISPOT E7 ファーストインプレッション

先にざっくりまとめると、

  • でかい、重い
  • 机の奥行きが想像以上にあって良かった。
  • 天板のカラーバリエーションが多くて良い。
  • 机の上下動が静か
  • ずっと座りっぱなしで作業している人オススメ

と言った感じです。

見た目と大きさ

届いた状態がこちら。天板で15kg、脚で35kgの合計50kgが大きな段ボールに梱包されて届きます。めっちゃデカい……。

自室が2階にあることもあり、1人でなんとか持って上がりましたが、結構しんどかったんです。運ぶ際は誰かに手伝ってもらった方が絶対に良いです。私は軽く腰を痛めました。

組み立ててみるとこんな感じ。
FLEXISPOT E7は、フレームの色と天板のタイプ、天板のカラー、サイズを自分好みに選ぶことができます。

天板は自分が気に入ったものを使いたい!という人にもピッタリな、脚フレームのみの取り扱いもしています。

今回提供いただいたのが、天板サイズが140×70×2.5cmのカラーがマホガニー、フレームカラーがブラックのタイプ。

机のサイズは大きければ大きいほど良いと思っているので、天板のサイズを一番大きな160×70×2.5cmにしようと思ったのですが、部屋のサイズ的に入らなかった断念。

実際に組み立ててみて、横幅が大きいのはもちろん、奥行きも想像以上に長くて満足。机の上のレイアウトを考えるのが捗ります。

天板も長方形天板のタイプだとカラーが11タイプもあるので、好みや部屋の雰囲気に合わせてチョイスができます。自分は悩みに悩んでマホガニーをチョイスしました。

机で物撮りを簡単にしたい人は、ホワイトやブラックを選んでもいいのかなと思いました。

機能・電動昇降

電動昇降はものすごくスムーズです。上昇・下降している時に、モーターの音のような大きな音が鳴るのかなと思いきや、全くそんなことはなく。むしろ静かに上下動してくれます。

身長170cmの自分が、1番上の高さ(123cm)にして使ったらこんな感じ。自分が使うにはちょっと高いので、実際に使うときにはもう少し下げて使うと思います。

自分より5cmくらい身長が高い人が使うとちょうど良いのかな?と思います。

椅子に座って使うときも、自分に合った高さを自由に決められるので、とても良いなと思いました。

どうしても家でずっと座ったまま作業していると、眠気に襲われたりすることが多々あります。そういう時に、リフレッシュを兼ねて立って作業とができるのがメリットですね。

FLEXISPOT E7 組み立て

ここからは実際に組み立ててみて思った、良いところ気になったところについてまとめていこうかなと思います。

良いところ

1.組み立てが簡潔

なんと組み立て工数が6ステップ。普段から家具を組み立てたりしている人なら、1時間もあればできるのではと思います。
自分は不慣れなのと写真を途中で撮ったりしていたので、3時間ほどで組み上がりました。

2.ネジが余分にある(※ないものもある)

自分はよく物を無くしがちなので、余分なパーツがあると地味に嬉しいですね。ネジとかふとした拍子になくして、思い出した頃に出てくることが多々あるので。

ただ、全部のタイプのネジが多く入っているかといえばそうでないので、無くしものには注意ですね。

気になったところ

1.電動ドライバーが必須

天板と脚を取り付ける際に、穴が空けられる電動ドライバーが必要になってきます。

自分は偶然にもインパクトを持っていたので問題なく組み立てられたので良かったです。

公式サイトの方には電動ドライバーが必要と書かれているのですが、Amazonの方には特に記載がないので購入される際にはご注意を……。

電動ドライバーを持っていない人は、FLEXISPOT E7を購入するついでに前もって買っておくと良いと思います。

2.ひっくり返すのが大変

ファーストインプレッションでも書いていますが、机自体がでかいし重いです。

天板を下向きにして作業を進めていくのですが、最終的に机をひっくり返さないといけないです。

この工程が自分1人ではできず、弟に手伝って2人がかりでなんとか机本体をひっくり返すことができました。

もしかしたらコツのようなものがあって、1人でもひっくり返せるのかもしれませんが、組み立ての際は誰かに手伝ってもらったほうがいいと思います。

3.フローリングではやらないほうが良さそう

ひっくり返したりする作業が出てくるので、作業中に床に傷がつきそうだなと感じました。

天板を梱包していた段ボールの箱を下に敷くなど、フローリングだと特に床に傷がつかない工夫が必要になってくるのかなと思います。

4.ゴムカバーと保護シートは先に剥がそう

脚のパーツに天板に取り付けるための穴が空いているのですが、そこにはまっているゴムカバーは組み立てる前に外しておいたほうがいいです。

自分は他の部分を天板に固定した後で、他の部分についていたゴムカバーを見落として、泣く泣くネジ緩めて脚パーツを天板から取り外すという手間が発生しました。

それと同じくで、昇降のリモコンについている保護シートも取り付ける前に外しておきましょう。

自分は取り付けた後に剥がそうと思っていたら、保護シートが天板に挟まる形になって、これまた1回取り付けたリモコンを外して、保護シートを剥がして、また取り付けるという手間が発程したので注意です

まとめ

というわけで、FLEXISPOT E7のファーストインプレッションと組み立ててみた感想です。
デスクワークをする時間が増えた人はぜひチェックしてみてください!

次回以降はデスクを変えるにあたって買ったものなど紹介していこうと思いますので、引き続き読んでください!