シェアする

【オールドレンズ】クセのある『SMC Takumar 55mm f1.8』を買ったお話。

シェアする

おはようからこんばんわまで、けーすけ(@sanaginagisa555)です。

今回も『Meyer-Optik-Domiplan 50mm f2.8 M42』に引き続いて、オールドレンズネタです。

紹介していくのは、オールドレンズの中でも目にする機会が多い、『SMC Takumar 55mm f1.8』です。

『SMC Takumar 55mm f1.8』ってどんなレンズ?

正式な名称は『Super-Multi-Coated TAKUMAR 55mm f1.8』です。似たような焦点距離で、『Super-Multi-Coated TAKUMAR 50mm F1.4』があります。

別名が『放射能レンズ』『アトムレンズ』といいます。由来は、レンズに酸化トリウムという放射性物質を混ぜていることから。ただ、放射性物質が含まれているからといって健康に影響があるかといえば、そこまでの影響はないようです。

全部の『Super-Multi-Coated TAKUMAR 55mm f1.8』が『アトムレンズ』なわけではなく、中には酸化トリウムが含まれていないレンズもあります。

見分け方としては、レンズが黄色く変色しているかどうかです。『Super-Multi-Coated TAKUMAR 55mm f1.8』以外にも『アトムレンズ』はあるので、興味のある方は1度調べてみてください。

ちなみにですが、『アトムレンズ』って抜群に写りが良いらしいです。使ってみたい……!!

入手に至るまで

国内製のレンズということで、『Yahoo!オークション』で購入しました。値段は『1780円+送料1200円』でした。本来なら、もう少し値段が高いのですが、ワケありで少し安くなっています。 

この白いの、何だと思います?

寄ってみると、白い指紋のように見えるコレ。なんと『カビ』です。

レンズの敵、カビ! このカビがレンズの値段がちょっぴり安くなっている理由でもあって、今回買った理由でもあるのです。

こうやって撮ると、ちょっと良さげに見えるカビマジック。

表面にカビがあることで、少し癖のある写りをします。どんな癖があるのか、比較写真を用意したのでどうぞ!

比較:『SMC Takumar 55mm f1.8』VS『Canon EF50mm f1.8 STM』

(左:『SMC Takumar 55mm f1.8』 右:『Canon EF50mm f1.8 STM』)

片や60年ほど前のオールドレンズ、片や『Canon』最高の撒き餌レンズ。時代を超えた戦いです。

設定は、全てシャッタ―スピード1/60秒、絞りがf2.8となっています。

同じものを撮った2枚の写真がありますので、どっちの写真がどのレンズで撮ったのか予想しながら読んでいってください。

では、いってまいりましょう!

1.特別ゲストのダンボー

2.お気に入りの腕時計

3.ゲーム『艦隊これくしょん』より雷ちゃん

4.部屋に積んでいる本の塔

答え合わせ

①④⑥⑦が『SMC Takumar 55mm f1.8』

②③⑤⑧が『Canon EF50mm f1.8 STM』です。

全問正解したあなたには…………特になにもないのです、すみません!

カビが生えている影響でか、白いモヤのようなものがかかっているのが特徴的ですね。

もしかしたら、こういったオールドレンズが、カメラ屋さんのジャンクコーナーにあるかもしれないので、気になった人は近くのカメラ屋さんへGO!!

さいごに

(撮影を眺めてた猫)

近々、『SMC Takumar 55mm f1.8』での作例を大量に載せた記事を書く予定なので、楽しみにしつつお待ちください!!

機材の質問から撮影依頼まで、何でもお問い合わせまでどうぞ!