シェアする

安くてダメなレンズ? 『Meyer-Optik-Domiplan 50mm f2.8 M42』

シェアする

おはようからおやすみまで、けーすけ(@sanaginagisa555)です。

人間、やっぱり安くで出品されていたら、ついつい買っちゃいそうになるんですよね。普段でもブラインドショッピングをしていて、〇〇%OFF!とか〇〇セールとか、とにかく、セールという言葉があると、つい目で追ってしまいますよね。

それはレンズの時でも一緒で、相場よりも安くでレンズが売られていたら、お財布と相談して、家にお迎えしちゃしますよね? しますよね?

というノリで、買ってしまったのが今回の主役、『Meyer-Optik-Domiplan 50mm f2.8 M42』です。

そもそも『Meyer-Optik-Domiplan 50mm f2.8 M42』って?

ドイツのカメラメーカー『Meyer(メイヤー)』が出したのが、今回の『Meyer-Optik-Domiplan 50mm f2.8 M42』です。

ちょうどこの頃のドイツと言えば、第二次世界大戦が終わり、冷戦時代に入っていた頃です。

蔑称として、『駄メイヤーのゴミプラン』と呼ばれている当レンズですが、実際のところは当時の東ドイツに対するイメージ(共産主義)から来ているものかなと思います。

『Meyer-Optik-Domiplan 50mm f2.8 M42』は『トリプレット』と呼ばれる、3群3枚のレンズで構成されています。『トリプレット』はボケが『シャボン玉』のようになることでも有名です。

『バブルボケ』で有名なのは『MeyerOptik Trioplan100mm F2.8』ですが、コイツは高すぎて手が出ない……。

つまり、別にダメな子じゃないよ! 残念な子だけど!(詳しくはのちほど)

入手経緯

『セカイモン』でテキトーに『M42マウント』のレンズを探していると、見つけたのがこのレンズ。

お値段もお手頃で、4610円+送料2316円……送料高い……。で、早速使おう! としたら、実は『For Repair』の商品……つまり修理用の商品だったわけで……。

そこら辺の見落としに、ホント注意だなと思いました。

なので、ネットでオールドレンズを修理してくれる業者さん(出品者のひとりごと・・)を探して、直してもらったのがこのレンズ。(修理費3000円、たぶんお得)

なので、トータルで1万円くらいの買い物だったということですね、はい。

タイトルにもある通り、『Meyer-Optik-Domiplan 50mm f2.8 M42』は安く、『ドイツ版ebay(セカイモン)』で探すと、3000円から7000円くらいで買うことができます。

比較的安価で、面白い写りをするので、飛び道具としてオススメの1本です。

『Meyer-Optik-Domiplan 50mm f2.8 M42』の良いトコロと悪いトコロ(作例)

良いトコロ

まず、良いトコロは、安いこと、よく出回っているので入手がしやすいこと、ですね。

じゃあ、写りはどうなの、ということで、以下作例です。

f:id:sanaginagisa333:20170115211527j:plain

近所に咲いていた足元の花をパシャリと。色彩はそんなに悪くないかも。若干、収差が起きてるような気もしますが、写りとしては良い感じですね。

というわけで、お次は『バブルボケ』を。

f:id:sanaginagisa333:20170115212409j:plain

ピントは何処へ……。後ろに光源があれば、このようにシャボン玉ボケが発生します。今回は木漏れ日を光源にしてますね。

あとは、個人的にはゼブラ柄がおしゃれポイントが高いので、良いトコロに含ませてもらいます。

悪いトコロ

焦点距離が長めで、約75cmです。なので、被写体に一歩踏み込めない、というのが悪いトコロかなと。

それ以外の悪いトコロは……今のところ見つからないですね!

終わりに

結論からして、『Meyer-Optik-Domiplan 50mm f2.8 M42』は安くて駄目なレンズではなく、安くてちょっと残念なレンズ! ということでした。

『駄メイヤーのゴミプラン』という蔑称を見た時は、本当に大丈夫か? と思いましたが、そんな事を気にさせない程の実力をこのレンズは持っています。

『バブルボケ』を撮ってみたいあなた! このお買い得なレンズをどうぞいかが!

ということで、今回もこれで終了でございます。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

f:id:sanaginagisa333:20170115232154j:plain