使わないと損! 写真を劇的に変えるトーンカーブの使い方

おはようからおやすみまで、けーすけ(@sanaginagisa555)です。
久しぶりの撮影記録ではない記事です。
内容はタイトル通り、トーンカーブの使い方講座。
Lightroomの機能、トーンカーブの我流での使い方を作例を交えつつ、どんどん紹介していきたいと思います!

もし間違えていたら、優しくご指摘いただけるとありがたいです!よろしくお願いします!

まずは、トーンカーブの基礎的なところから。

Lightroomのトーンカーブの表示が下の状態の場合は、赤丸の部分をクリックして表示を変えておいてください。
スポンサーリンク

トーンカーブ基礎編

まずはトーンカーブの大まかな見方と触り方から。

トーンカーブの真ん中から左側が暗い部分担当です。ここを上下させると、暗い部分の明暗が変化します。

真ん中から右半分が明るい部分担当です。ここを上下させると、明るい部分の明暗が変化します。

右肩上がりの斜線が、トーンカーブを調整するためのものです。この線を弄って、写真を明るくしたり暗くしたりします。

例えばこの写真。
全体的に明るくしたい場合、斜線の真ん中をクリックしたまま持ち上げてあげると。

全体的に明るくなります。

これを逆に暗くしたいなと思った場合は、斜線の真ん中をクリックしたまま下げてあげて。

このようにお手軽に写真の明暗を変えることができます。
ちなみに、赤丸の部分をクリック。これでターゲット調整機能が使えます。そのあと写真の明るく/暗くしたい箇所にマウスカーソルを持っていって、マウスの真ん中にあるやつ(ホイール)を回すだけでも調整は簡単にできます。

マウスにホイールがないって場合は、明るく/暗くしたい場所をマウスの左側を長押し、そのまま上下させても上記と同じことができます。
基本的な部分は以上。次はそもそもなぜトーンカーブを調整するか、をざっくりと。

なぜトーンカーブを調整するのか

Lightroomユーザーに馴染み深いコチラ。
基本補正の部分を触るだけでも写真は完成に近づきます。じゃあ、なぜトーンカーブを触るのか。

それは、+αで触れるから。基本補正で触って、そこからさらにイメージに近づけるという作業が、トーンカーブでは可能になります。
基本補正→カラーキャリブレーション(また説明します)→トーンカーブ→HSL/カラーで自分は調整していることが多いです。(なお、場合によってバラバラ。)

ちなみにですが、基本補正とトーンカーブで、同じ名称の項目を触っているはずなのに、微妙に仕上がりが変わります。

コチラ、基本補正のシャドウを+100にしたもの。
コチラ、トーンカーブのシャドウを+100にしたもの。
同じ名称のものを触ったはずなのに全く違う雰囲気に。
要するに、基本補正+αイメージに近づけるためにトーンカーブを触る。アクセントを付けるための要素だと思ってください。

次いで、トーンカーブで出来ること、主に3つです。

トーンカーブで出来ること

0.事前準備

トーンカーブの斜線に、上記のように3点(以下ポイント)を作っておいてください。
ポイントの作り方は、ポイントを作りたい箇所をクリックするだけでできます。
これをプリセットに登録しておくと、結構便利です。

1.明るさの調整

これは上記で説明してるので詳しくは割愛です。

2.コントラストの強弱

コントラストは、写真の明暗差を調整するものです。コントラストの強弱で写真の印象はガラッと変わります。
コントラストが強いハイコントラストだと、明暗差が大きく、迫力のあるテイストになります。
コントラストが弱い、ローコントラストだと、明暗差が小さく、穏やかなテイストになります。
それを、トーンカーブで調整できます。

まずは、ハイコントラスト。

暗い部分をより暗く、明るい部分をより明るくすることで、明暗差を大きくしてコントラストをつけてます。

次にローコントラスト。

暗い部分を明るく、明るい部分を暗くして明暗差を小さくしています。

自分が主に使うのはハイコントラストの改良版。また後ほど紹介します。

3.色の調整

この項目に関しては、今回はそんなに重要じゃないので紹介程度に。トーンカーブのチャンネルをクリックすると、上のような一覧が出てきます。
試しにレッドをクリック。
おや、トーンカーブの様子が。
斜線の真ん中を上に持ち上げると。
写真全体が赤色に。
逆に下げてみると。

全体がシアン色に。
はい、これで写真全体の色味を変えることができます。
レッドの場合、上げると赤が出てきて、下げると補色関係にあるシアンが出てくるといった理屈です。
この理屈がわかると。


明るい部分は赤、暗い部分はシアンみたいな写真ができます。
ほとんど使わないです。

覚えておいたほうが良い補色関係
1.赤↔シアン
2.青↔黄
3.緑↔マゼンダ

不思議な雰囲気の写真を作りたいときに、どうぞ。トーンカーブがどういうものかおおよそ理解したと思うので、ようやっと本題。
写真を劇的に変えるトーンカーブとは?

閑話休題

の前に、トーンカーブで遊んでみた。



理屈として逆転させただけ。補色関係も逆転。


すごく、白です……。

まっくろくろすけ。

グレーゾーン。
これ、トーンカーブ変えただけで、元は全部同じ写真。面白い。
一番左端を一番上まで持っていくと、真っ白に。
一番右端を一番下まで持っていくと、真っ黒に。
両端を真ん中にすると、グレーに。
閑話休題終わり。

写真を劇的に変えるトーンカーブ

beforeafterトーンカーブ適用したかしてないかでこの違いです。
適用したトーンカーブはコチラ。
コントラスト強めつつ、暗い部分をグレーに近づけつつ更に暗く。明るい部分のハイライトを潰しています。
青みをもう少し入れたかったのでチャンネル、ブルーで全体的に青を入れたり。

基本はこの形。これでフィルムライクなトーンカーブの出来上がり。あとは、あらかじめ作っておいた3つのポイントをお好みで調整するだけ。


これだけでもフェードがかかったフィルムっぽい雰囲気が出ます。


自分だとちょっとコントラスト足すほうが好みだったり。
そこは個人個人の好みでいんじゃないでしょうか。
以下、トーンカーブbefore/after





トーンカーブ有る無しでこの違い。どこかエモみが増す気がする。しない?

ちなみに、これらの写真に当てはめているプリセットの原型が、noteにて販売中です。気になった方はどうぞ。

Part.2はコチラ。

写真を自分好みの色に HSL/カラーを使いこなそう!
おはようからおやすみまで、けーすけ(@sanaginagisa555)です。 調子に乗って、現像のお役立ち記事、その2です。 内容はタイトルのとおり、写真の色味の変え方について。 Lightroomの機能、HSL/カラーの使い...

さいごに

トーンカーブ使えば、もっと現像の幅が広がるという話でした。
劇的に変えると言っても、その人の使い方次第でどうとでもなります。
自分はフィルムライクなトーンカーブを多用してますが、これを改造すればもっと良きものが出来るはずです。
今までトーンカーブを使ってこなかったっていう人も、これを機会にトーンカーブを使ってみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました