FUJIFILMユーザーは必須の中望遠レンズ XF56mm F1.2 R

おはようからおやすみまで、SHABA(@sanaginagisa555)です。
今回は、FUJIFILMユーザーであれば一度購入を検討するであろうレンズ、「XF56mm F1.2 R」のレビューになります。

レンズ自体のスペック、シーン別での作例も交えつつ、「XF56mm F1.2 R」を紹介していきます。
まずは、スペックについて。

XF56mm F1.2 Rについて

XF56mm F1.2 R
焦点距離 56mm (35mm換算85mm)
F値 F1.2-F16
レンズ構成 8群11枚
重さ 405g
長さ 69.7mm
最短焦点距離 70cm
フィルターサイズ 62mm
防塵防滴 ×
手ブレ補正 ×

2014年に発売された、Xマウントの中では比較的古い部類のレンズです。古い部類のレンズというのもあって、WR(本陣防滴)は未搭載です。
35mm換算で85mmの焦点距離と、F1.2という十分すぎるボケで、ポートレンズレンズとして人気が高いです。
重さも405gと、取り回ししやすい重さです。

レンズだけだと約70mm、レンズフードも含めると約115mmとやや長めになります。
レンズフードをつけると正直長いですが、安全のためには致し方なし。

もっと詳しい性能に関しては、作例を交えつつ紹介していきます。

XF56mm F1.2 Rの作例

作例は全てフィルムシミュレーション、「クラシッククローム」での撮って出しになります。
使用カメラボディは、「X-T3」です。

FX-T3-B 富士フイルム ミラーレス一眼カメラ「FUJIFILM X-T3」ボディ(ブラック)

ポートレート

F1.2という明るさで、暗所(夜)での撮影でも困ることはありません。
開放だと、ピントを合わせた被写体だけが浮かび上がってきます。そして圧倒的な描写力。
文句なしです。

スナップ

35mm換算で85mmという中望遠に部類されるので、広いレンズを普段から使っていると、その画角の狭さに驚くと思います。
なので、全体を写すというよりは、一部を切り抜くというような視点が必要になってきます。

肝心の写りは最高。逆光も、使用している感じではフレアもあまり出ないです。
F1.2というのを活かして、前ボケを使った絵作りもできます。

テーブルフォト

最短焦点距離70cmなので、ある程度の距離感が必要になってきます。
1枚目の様に、机の上のものならまだ大丈夫ですが、2枚目のようになってくると、自分で持って撮るのは無理でした。誰か別の人に持ってもらう必要が出てきます。

向き不向きがあるのは仕方ない。

XF56mm F1.2 Rのまとめ

得意

・広い場所での撮影

・ボケを活かした撮影

・一部を切り取る撮影

不得意

・狭い場所での撮影

ざっくりまとめるとこんな感じです。どうしても最短焦点距離の都合上、被写体と距離感をあまり取れない場面での撮影は苦手です。
ただ、それ以外の場面だと、驚くような写りを魅せてくれるので、是非とも使って欲しいレンズです。

まとめ

というわけで、XF56mm F1.2 Rについて書いてきました。
持っていて困らない、むしろ持っている方が良いレンズの1本です。
次のレンズ選びに悩んでいるFUJIFILMユーザーは、是非とも購入の検討をしてみてください。